エレベーターリニューアルならお任せ - 大阪、兵庫、神戸 -

トップページ >

エレベーターリニューアルプラン

リニューアルプラン

リニューアルプランについて

スタンダードプラン

ロープ式のエレベーターの制御リニューアル工事です。 既存のエレベーターのそのまま使っても安全性に問題のない部分は残して性能を向上させます。また省エネ化も 実現出来ますのでランニングコストも抑えることが出来ます。
リニューアル価格は、積載と停止階数によりますのでまずはお見積りください。

エレベーターリニューアル部分詳細
巻上機 (※二重ブレーキ対応)・メインロープ・制御盤・各操作盤・各インジケーター・ケーブル類
リミットスイッチ類・ドアモーターなど

オプション

弊社ではスタンダードプランに追加としてオプションもご用意しております。より安全性を高めたい、内装 を綺麗にしたい場合などに追加でご提供しております。値段や工期については、お見積り時にご確認ください。
また下記以外にご要望があればお気軽にお問い合わせください。

UCMP(戸開走行保護装置機能)

UCMP(戸開走行保護装置)とは、扉が開いたままエレベーターのかごが上昇や下降運転をさせないための国土交通大臣認定の保護装置です。エレベーターの安全性が向上し、未然に事故を防げます。
エレベーターにUCMP機能は以下の構成になっております。 二重ブレーキ、特定距離感知装置、かごドアスイッチ、乗場ドアスイッチによって構成されています。

停電・地震時管制運転機能

初期微動(P波)を感知し、最寄り階に自動停止します。それにより大きな揺れ(S波)が来る前に迅速な避難が可能となります。その後にS波センサーが作動し、揺れが小さい場合は自動的に運転を再開します。
地震の多い日本での地震対策はとても重要です。 また停電などでエレベーターの中に人が閉じ込められた場合にも、自動的にエレベーターの状態を確認したうえで、バッテリーですみやかに最寄り階へエレベーターを自動停止します。停電時に利用者様を不安にさせないためにも必要な機能です。

カゴ内装・床張替え・照明器具交換

エレベーターの内装リニューアルも受付けております。スタンダードプランでは見えない部分、主に安全面や機能面のエレベーターリニューアルですので、カゴ内装や床を張替えて見栄えなど清潔感のあるエレベーターに致します。内装については、床タイル・壁・扉。天井等に対応。照明もLEDに交換いたしますので電気代も節約。お気軽にご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください。